肝斑治療にはトラネキサム酸服用とレーザー光線が有効

subpage01

肝斑治療には、内服薬を使用するものと、レーザー光線を使用するものの二種類があります。
他にも細かくいろいろな治療法があり、それらを組み合わせていくのが現在の主流になっています。



人によってどのような肝斑があるのかは違いますし、サイズも違ってきます。
レーザー光線を当てるとより一層症状が悪化する困ったケースも少なくはないので、慎重な治療が必要になります。
ただのシミよりはずっと治療が難しいので、完治させるためには長い時間を見ておくのがいいでしょう。



内服薬としては、トラネキサム酸が有効だというデータがあります。ただし、これも万能な薬というわけではないので、様子を見て使っていく必要があるのです。


とにかくこまめに病院に行って、先生とじっくり話をして治療をしていかなくてはいけません。
何か問題が起こったら、すぐに治療方法を切り替えるという臨機応変さも大切になるのです。


肝斑治療ではホルモンバランスを改善させることや、ストレスを軽減させること、運動をすることなども効果的であるとされています。
健康的な生活を心がけていくと、こうした症状も治りやすくなるのです。
荒れた生活を送っているなら、まずはそこから直してみてはいかがでしょう。

大きなシミは美容を損ねてしまうために、女性ならしっかり治療しておきたいものです。


相談するのは、美容皮膚科がベストです。
美容皮膚科は保険が効きにくいですが、その分最先端の肝斑治療が受けられるからです。