肝斑治療で処方される内服薬ってどんなもの

subpage01

肝斑治療は、皮膚科や美容クリニックなどで行われていますが、多くあるシミのなかでも治療が難しいと言われています。


その理由は、肝斑は他のシミと重なってできていたり、シミ治療に有効と言われるレーザーや外用薬では悪化する可能性があるためです。
肝斑治療は、主に内服薬を使用し、外用薬やレーザートーニングといった治療も組み合わせていきます。肝斑治療に使用される薬は、トラネキサム酸やL-システインという成分のもので、ひとりひとりの状態に合わせて処方されます。


トラネキサム酸は、抗炎症効果や止血効果があり、肌トラブルだけではなく様々な炎症を抑えるために使用されているアミノ酸の一種です。


肝斑は、女性ホルモンのバランスが崩れ、プラスミンという情報伝達物質によってメラニンの生成が活性化されてしまうことが原因でできると言われています。

トラネキサム酸は、プラスミンの働きを抑える作用があるので、肝斑の悪化を防ぐことができます。
L-システインは、皮膚や髪、爪などに多く含まれ、体内の代謝をサポートするアミノ酸の一種です。
メラニン色素の生成を抑制したり、過剰につくられてしまったメラニンを肌の新陳代謝によって排出する作用もあります。



また、体内でコラーゲンの生成を促進する作用もあるので、肌のハリが甦ったり、角質を柔らかくしてニキビを予防するといった、肝斑治療以外の肌トラブルの改善効果も期待できます。



その他にも、皮膚のコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸の生成を助けるビタミンCも処方されます。ビタミンCの抗酸化作用によってメラニンの生成を抑えることができるので、シミ改善に役立ちます。