肝斑の特徴と肝斑治療方法

main-img

肝斑の特徴は、左右対称に両頬の骨に沿ってほぼ同じ形や大きさで、輪郭がはっきりしない形で現れることが多い薄茶色のシミになります。その原因は、肌に刺激を与えてゴシゴシこする人だったり、紫外線だけでなく女性ホルモンとのかかわりが指摘されていて、妊娠中やピルの服用中だったり、精神的なストレスによってホルモンバランスが崩れることが影響する場合もあります。



30〜40歳代の方に多く見られ、その後閉経後はホルモンバランスが安定するので、人によって薄くなったりする傾向があります。肝斑治療の方法として、内服薬での治療が向いていて副作用も少なく、非常によく利用されています。

内服薬は色素沈着抑制効果があるので、有効成分が血流にのって皮膚のすみずみまで着実に届けられ、表皮の深い部分にあるシミのもとになるメラノサイトによって、作り出す働きを抑制する効果を発揮します。


症状によっては肝斑治療として内服薬と美白外用剤と組み合わせることもあり、外用薬はバリアを通過してシミのもとのメラノサイトに到達する効果があります。



注目されている肝斑治療方法として、レーザートーニングという方法がありますが、それは非常に弱いパワーを平らに照射できる特殊なレーザーを使うので、肌にダメージを与えることなくメラニンを減らしていくことができます。



この方法は肝斑だけでなく、毛穴の開きにも効果があり、治療時間も短く回復までの期間も必要ないので、気軽に治療を受けることができます。

美容入門

subpage01

顔の筋肉が衰えてくると、皮膚や脂肪を支えきれなくなってしまうので、全体的に皮膚がたるでしまったりほうれい線などのしわが深くなってしまいます。ほうれい線を消すためには、表情筋を動かして顔全体の筋肉を引き締めてあげる必要があります。...

more

美容について思うこと

subpage02

30代以降になると、頬や額といった顔部分に左右対称に現れるもやもやとしたシミは、女性ホルモンのバランスの乱れによって起こるため、皮膚科などでの肝斑治療が必要です。これまで、肝斑治療は医薬品による治療でしか効果がないと言われていました。...

more

美容をもっと知る

subpage03

肝斑治療には、内服薬を使用するものと、レーザー光線を使用するものの二種類があります。他にも細かくいろいろな治療法があり、それらを組み合わせていくのが現在の主流になっています。...

more

専門知識

subpage04

肝斑治療は、皮膚科や美容クリニックなどで行われていますが、多くあるシミのなかでも治療が難しいと言われています。その理由は、肝斑は他のシミと重なってできていたり、シミ治療に有効と言われるレーザーや外用薬では悪化する可能性があるためです。...

more